AP指数の5つの疑問<中編> ~数字でひも解くAP指数

 

AP指数の5つの疑問<中編> ~数字でひも解くAP指数

AP指数の疑問点、使う上での注意事項をまとめてみました。

 

これまでAP指数を使ってきた方、これからAP指数を使ってみようという方、AP指数って何?という方にも、読んでいただけるように、回答には根拠を持って説明していきます。

 

少々、量が多いので3回に分けて掲載していきます。

■目次

<前編>
1.『AP指数』って、実際どのくらい走るの?
2.『AP指数』はスローに弱いって本当?

<中編>
3.『AP指数』は新鮮なほどいいの?
4.『AP指数信頼度』は本当に『AP指数』に影響を与えるの?

<後編>
5.『AP指数』にも得意条件はあるの?

 

Twitterにブログ更新や推奨馬の情報をつぶやきます。ぜひフォローをお願いいたします!

 

 

3.『AP指数』は新鮮なほどいいの?

 

予想の際、過去走を参考にするとき、半年前のレースなのか、1か月前のレースなのか、それによって判断が変わることはあると思います。AP指数にも間隔が空いていないフレッシュなモノの方が信頼度は高いのでしょうか?

 

さっそく検証してみましょう。例によって2014年~2019年現在のデータを使って分析してみました。

 

[AP指数1位のレース間隔別戦績]

横軸にレース間隔、縦軸に複勝率をとっています。レース間隔が空くにつれて、複勝率が低下していくことがわかります。過去走の結果から算出した指数やレイティングなどの他のファクターと同じく、AP指数にも鮮度があることがわかります。

 

ちなみにグラフはAP指数Zeroのもので、Zero以前は傾きが大きかったです。Zeroは、鮮度の概念を取り入れ、レース間隔が1週増加するごとにAP指数-0.4ポイントの補正を入れています。

 

しかしながら、グラフはレース間隔によらず、一定とはなっていません。そのこたえは、推論になりますが、次のデータをご覧ください。

 

AP指数では、次のようにAP順位によるAP印をつけています。

基本印: AP指数順位1~4位 A,B,C,D

上位印: AP指数が関連度の高いコースでマーク S,K,Q,J

付加印: AP指数最高値を2走前までにマーク 『+』付与

 

これはAP指数1位馬のAP印別の戦績になります。

 

[AP指数1位のAP印別戦績]

AP印 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
A 2763 13.8 26.4 37.4 75 83
A+ 5610 23.0 40.2 53.3 107 104
S 2756 18.5 33.1 45.8 87 90
S+ 6337 25.0 43.3 56.0 97 96

 

同じ『A』のAP印でも『+』付きと無しでは、かなり的中率に差がある結果が出ています。『+』付きは2走前まで、無しは3,4走前なので、マークしたレースからの消化レース数によっても的中率が変動すると言えます。

 

 

[AP印別戦績]

印5 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
A 2763 13.8 26.4 37.4 75 83
A+ 5610 23.0 40.2 53.3 107 104
B 3333 12.4 22.9 33.4 82 80
B+ 6881 16.1 30.9 43.4 97 98
C 3764 8.7 18.8 28.7 72 79
C+ 8276 12.5 25.6 37.9 85 92
D 4086 7.4 16.2 25.6 90 77
D+ 9052 10.1 21.7 32.7 89 94
S 2756 18.5 33.1 45.8 87 90
S+ 6337 25.0 43.3 56.0 97 96
K 2063 12.9 27.8 38.8 84 87
K+ 4808 16.8 32.0 46.9 98 100
Q 1628 10.0 19.8 31.3 81 75
Q+ 3341 12.0 25.2 37.9 85 89
J 1196 8.0 16.5 25.6 66 75
J+ 2428 10.1 20.9 31.0 80 84

 

参考にAP印別の戦績を掲載します。どのAP印においても、『+』付きと無しでは的中率に大きな差が出ていることが分かります。馬券購入時の買い目の取捨選択要素のひとつになるかと思います。

 

 

 

4.『AP指数信頼度』は『AP指数』に影響を与えるの?

 

毎週公開している福塩馬のページをご覧の方はご存知でしょうが、『AP指数信頼度』を合わせて公開しています。実際のところ、どのくらい影響があるのか、調査してみましょう。

 

『AP指数信頼度』とは、レースメンバーのAP指数差のちらばりと前走人気馬のAP指数差より、今回の高AP指数馬がどれだけ信頼できるかを示した指標です。信頼度は高い順に、H>H->M>M->Lとなります。

[AP指数1位のAP指数信頼度別戦績]

信頼度 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
H 1478 29.8 49.7 61.8 97 98
H- 3323 25.3 43.7 56.5 99 97
M 8317 20.5 36.1 49.0 94 95
M- 3879 18.4 33.9 46.1 95 97
L 389 15.4 29.3 38.0 76 74

 

信頼度が低下すると的中率も軒並み低下していき、『H』と『L』で20%以上も複勝率に開きがあります。開発者としては、狙い通りのうれしい結果が出ています。

 

また、こんな傾向も出ました。

 

[1人気のAP指数信頼度別戦績]

信頼度 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
H 1431 37.1 57.2 69.5 80 85
H- 3218 35.4 54.4 67.4 80 85
M 7910 31.0 50.0 63.0 76 82
M- 3670 28.1 46.7 60.1 72 82
L 378 31.2 47.9 60.3 87 85

 

1人気は信頼度『H-』以上だと、3回に2回は3着内に入るというデータです。このレースで1人気に逆らうことは、あまり得策ではなさそうです。

 

馬券術に活かすとしたら、軸馬をAP指数信頼度『H』のダート未勝利戦、AP指数1位としてシミュレーションしてみましょう。

 

◆ワイド 軸馬からAP指数2-4位流し

的中率 59%

回収率 130%

 

◆3連複 軸馬からAP指数2-4位流し

的中率 17%

回収率 158%

 

軸馬の選定を進めていくと、かなり有効な馬券術になり得る可能性を示した数字と言えます。AP指数の可能性の一端を感じていただけたと思います。

 

前編はこちらをクリック!

 

後編は鋭意執筆中です!

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

もし気に入っていただけましたら、応援クリックよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
1 2 3 4 42